先日新聞記事で湯田川温泉に新徴組本部跡があると紹介していたので、
早速行ってみました。



おお・・・
新徴組は新選組の片割れで、清河八郎が暗殺された後、
庄内藩に抱えられて、江戸の警護に当たってたんですなー。



戊辰戦争の引き金になったのが、江戸における庄内藩士による、
薩摩藩邸焼き討ち。そして庄内藩は最後まで降伏しなかった。



次に訪れたのが南洲神社。庄内に西郷隆盛の遺徳を称えた南洲神社がありますなー。
庄内藩士の心意気が西郷隆盛に通じたんですなー。



その後訪れたのが、清河神社と清河八郎記念館。
清河八郎は尊王攘夷思想の先駆けとして、非常に重要な役割を果たしているんですなー。



神社の桜と椿がとてもきれいに咲いておりました。
椿が根元に赤く散って、なんか清河八郎を連想させるようでした。