源義経が平家の軍に夜討ちをかけようとしたが、暗くて道が見えない。

義経が「例の大松明はどうだ」と問い、-中略ー義経一行は道沿いの民家に火を放ち、
火事の明かりを頼りに山を越えていく。(読売新聞 編集手帳)

ええー!義経ってこんなヒトだったのねー!
民や百姓なんてどうでもよかったのねー。

897b5560.jpg


まあ、そうだったんでしょうねー。
ナンか勝手に勘違いしてて、でもがっかりしました。