苦肉の策というと苦し紛れに出す策のイメージですが、出典の三国志では例の赤壁の戦いでの周到な作戦です。

呉の老将黄蓋がわざと罰せられ背中を鞭打たれて曹操に偽りの投降をするものです。

千載一遇の風向きの変化を読んで、一気に火責めで先制攻撃をかけ勝敗を決してしまいました。

でも今読んでる北方三国志にはこれないのねー。
正史にはないんだってねー。